(仮)

アイドルマスターの小説を書くかも ※ただし、ブログに飽きるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もし、美希とサイネリアさんが知り合いだったら

テーマ:シネラリア




 ミキはね、星井美希。14歳だよ。
 今日は友達のサイネリアって子のネットラジオ放送っていうのを聞いてるの。
 なんか、最近ではこーゆうことも一人で出来るんだって。
 だから、「アイドルって簡単なんだねー」って言ったら怒られちゃったの。
 ミキ的には声出すだけなら寝ながらできるし簡単だって思うんだけどなー。
「えーっと、最後のお便りは『眠り姫』さんから頂きました!実はこの人ワタシの知り合いなんデスヨー」
 あ、美希が送ったお便りだ。
 読んでもらえなかったからてっきり、忘れてるのかと思ってたの。
「ナニナニ、『今日はミキの誕生日だから祝って欲しいの!』……色々言いたいことがあるんですケド、とりあえず、眠り姫さん誕生日おめでとう!で、次のコーナー行ってみたいと……」
 ……あれ、これで終わり?
 もう少し、何か言ってくれると思ってたのに……。
 これは、抗議のメールをしてやるの!
 ん、何かメールが着てる? サイネリアから?
『やっほー、今日はアンタの誕生日らしいジャナイ? まっ、今後はもう少し常識を身につけなさいよ。 そうしたら、ネトアになれるようにちょっとくらいはサポートしてあげるから。 ワタシに追いつくのは無理でしょうけどねーw』
 サイネリア、メール送ってくれてたんだ……。
 なんか素直じゃないところとかサイネリアらしいの。
 でも……ネトアってなに?


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/11/24(木) 00:18:21|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。